経産牛

  • HOME
  • 経産牛って何?

赤ちゃんを産んだことがある牛=経産牛

「経産牛(けいさんぎゅう)」って聞いたことがありますか?

文字を見るとなんとなく分かりますよね。

そう、お産を経験したお母さん牛のことなんです。

一般的には、

経産牛は出産回数が多くなるほど価格と味が落ちる。

とされ、廃用牛とかババ牛などと言われることも。

ですから経産牛の肉は肥料やペットフードに加工されることもあります。

経産牛は美味しくない?

繁殖牛農家である藤村牧場の経産牛は、ブランド和牛の生みの親。

しかも、郡上のキレイな水と空気、そして愛情を注ぎ育った牛の肉が、美味しくないわけはありません。

そう、美味しいんです!!

しっかりとした味わい、味の濃い赤身肉。

霜降り肉とは違う。
飽きずにたくさん食べられる。

その美味しさを認めてくださる一流のシェフたちがいらっしゃることも、その裏付けではないでしょうか?

愛着を持って育てた牛たち、最後まで愛されて欲しい

牧場の牛たちには「名前」を付けています。

常に120頭ほどの牛がいるわけですから、名づけにも苦労しています(笑)。

そして名前が付いた1頭、1頭の牛と向き合い、

数回のお産=10年近く一緒に暮らすわけですから、愛着もあります。

そんな母牛の最後がペットフードというのは正直悲しいことなんです。

藤村牧場ではブランド和牛を生むために、血統から健康状態までもしっかり管理に努めています。

また、うちの牧場では、子牛が産まれると数日で母親から離し、ミルクで育てています。

もちろん手間はかかりますが、子牛の健康管理が徹底できると同時に、母牛の体の負担が軽減され、お肉の味にも影響を与えると言われています。

そう、何度も言いますが、藤村の経産牛は美味しいんです。

 

多くの皆さんに召し上がっていただきたい。

とはいうものの、いつでも経産牛が食べられるわけではありません。

役目を終えたお母さん牛を経産牛として出荷するのは平均すると月に約1頭弱。

提携しているお店やレストラン、イベントなどでご提供していく予定です。

市場では経産牛の食肉としての評価が低いというのが現状です。

私たちはそんな状況を変えていければと願っています。

藤村の経産牛をぜひ召し上がってみてください。

経産牛を食べられるお店

郡上産の食材と飛騨牛 鉄板割烹 創作フレンチ「饗さみ(うさみ)」さん